弘前実業高校(福士広司校長)で25日、厚生労働省認定の熟練技能者「ものづくりマイスター」による実技指導「県産品を活用した和菓子づくり」が行われた。生徒たちはマイスターの職人技に目を輝かせながら、リンゴやカシスを使った和菓子作りに挑戦した。
 この日は、青森市の「松栄堂」代表取締役の畑中和紀さんが講師を務め、家庭科学科の3年生22人、情報処理科の3年生12人がカシス白玉とリンゴ大福作りに挑戦。手際の良い職人の技を手本に、慣れない手順を確認しながら、協力してお菓子を完成させた。
【写真説明】ものづくりマイスターの畑中さん(左端)の技を学ぶ生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。