弘前市百石町の津軽弘前屋台村かだれ横丁(菊池清二代表取締役)に25日日替わりランチを提供する「かだれ食堂」がオープンした健康面に配慮した〝おふくろの味〟が楽しめるとあって、初日から周辺のビジネスマンらが利用。同日から下土手町商店街百石町のランチ提供店が参加するスタンプラリーも始まり、関係者は「中心商店街のにぎわい創出につなげたい」としている。
 日替わりランチ「おふくろ定食」は、昔懐かしい家庭料理にこだわり、低糖・低塩、高タンパクと健康面にも配慮している。メイン料理を肉と魚から選ぶことができ、ご飯とみそ汁、漬物、小鉢1皿が付いて500円(税込み)。お好みの小鉢を1皿100円で追加できる。
【写真説明】かだれ横丁にオープンした食堂。昔懐かしい家庭料理を提供している

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。