障害のある児童生徒のためのスポーツ教室「わいわいスポーツクラブ」が23日、弘前市の弘前大学教育学部附属特別支援学校体育館で開かれた。特別支援学校・学級に通う児童生徒14人がフライングディスクで楽しく体を動かした。
 教室は障害者スポーツの拠点づくりを目指すスポーツ庁委託事業「Specialプロジェクト2020」の一環。今年度1回目の開催で、来年2月まであと7回開かれ、ボッチャ、バスケットボール、スポーツチャンバラも行う。
【写真説明】フライングディスクで楽しく体を動かした、わいわいスポーツクラブ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。