任期満了に伴う五所川原市長選は24日に投票が行われ、即日開票の結果、新人で会社役員の佐々木孝昌氏(64)=無所属=が1万5593票を獲得、同じく新人で会社社長の平山敦士氏(44)=無所属、自民・公明推薦=を648票差で破り、初当選を果たした。佐々木氏は市政刷新を掲げ、大型箱物事業から市民生活向上施策への転換を主張。「若さと実行力」を掲げ、組織戦を展開した平山氏との新人同士の一騎打ちを制した。投票率は64・83%で、選挙戦だった8年前(2010年6月)を12・52ポイント下回った。
【写真説明】万歳三唱で当選を喜ぶ佐々木氏(左)ら=24日午後10時40分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。