鯵ケ沢町出身の津軽三味線の第一人者である故・山田千里さんと津軽民謡の巨匠福士りつさん夫妻の功績をたたえ、町内の「はまなす公園」に顕彰碑が建立され、今年で30周年を迎えたことを記念した「日本海・津軽の唄まつり in 鯵ケ沢」(同町、陸奥新報社など後援)が24日、同町の舞戸公民館で開かれた。山田三絃会メンバーやそのゆかりの人たちが奏で、踊る津軽三味線の音色や民謡の歌声、手踊りなどが来場者を魅了した。
【写真説明】唄まつりの先頭を切って演奏した山田三絃会と舞戸小学校三味線部員らによる津軽三味線合奏

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。