弘前市と弘前商工会議所は22日、100周年を迎えた弘前さくらまつり(4月21日~5月6日)の商況調査結果を発表した。聞き取りで外国人観光客の増加を実感する声が多かった一方、アンケートでは半数以上が売り上げ、来店者数が「昨年と変わらない」と回答。観光消費額向上に向けた課題として「外国人観光客の受け入れ態勢の整備が全体の底上げにつながる」と分析した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。