弘前市議会定例会は22日、今泉昌一(無所属クラブ)、千葉浩規(共産)、栗形昭一(無所属クラブ)、佐藤哲(弘新会)、工藤光志(自民・公明・憲政)の5氏が一般質問を行った。櫻田宏市長ら理事者側は(1)水道施設の老朽化が進んでおり、管路や樋の口浄水場などの全更新に1500億円かかると推定(2)4月の市長選で初めて設置した共通投票所の投票者数は全体の2・43%を占め、投票所98カ所中7番目の多さ―などと答弁した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。