弘前市内の飲食店をマップ片手に飲んで、食べて、はしごする「弘前バル街VOL.15」が7月14日に行われる。弘前市の土手町や鍛冶町のほか駅前、城東、西弘周辺の店舗で開催され、一晩に約2000人が繰り出すとされる人気イベントだ。今回は初参加12店舗を含む計61店舗が自慢のピンチョス(小皿料理)とワンドリンクを提供する。
 当日券(5枚つづり)は4000円。前売りチケット(同)は3500円で、イベント前日の7月13日まで、バル街参加店のほか、弘南鉄道弘前駅と中央弘前駅、弘前市立観光館、市まちなか情報センターなどで販売している。当日券は弘前バル街本部(かだれ横丁)と市まちなか情報センター、レストラン山崎で取り扱う。
 イベントの問い合わせは弘前バル街実行委員会事務局のレストラン山崎(電話0172―38―5515)へ。
【写真説明】土手町や鍛冶町などの61店舗が参加する弘前バル街。今回は7月14日に開催される

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。