弘前市の聖愛中学校(山上猛美校長)は18、19日の2日間、「ものづくり講座」を開き、3年生23人が服飾製作に挑戦した。生徒らはオリジナルのハーフパンツやスカートを作り、ものづくりへの関心を高めた。
 講座は3年生を対象に毎年開かれており、服飾を製作するのは今年で2回目。昨年に引き続き同市のファッション専門学校サンモードスクールオブデザイン(吉田陽子校長)の教員と学生、卒業生計5人が講師を務めた。
【写真説明】作品と合わせたコーディネートを披露する生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。