17日に告示され、2人の新人が立候補した五所川原市長選では、2人の新人候補者が子育て支援や地域振興策などについてそれぞれの公約を訴えながら市内を駆け回った。有権者からは「子育て支援をもっと手厚く」「地域を元気にしてほしい」といった声が上がったほか「市民の声をちゃんと聞いてほしい」といった市政への注文が聞かれた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。