「中泊メバル料理グランプリ2018」が17日、中泊町役場前の特設会場で開かれ、町特産のメバルを使った創作料理10品が登場し、町内外から訪れた約2000人でにぎわった。
 新・ご当地グルメ「中泊メバルの刺身(さしみ)と煮付け膳(略称・中泊メバル膳)」の誕生3周年を記念し、メバル料理の新たな可能性を探ろうと開催。天ぷらそばやカレー、バーガーなど10品から来場者が、食べた料理を7段階で評価した。
 来場者はそれぞれの品を「おいしい」など声を上げながら堪能。投票の結果、平均点が最高だった「中泊メバルの煮こごりワンタンラーメン」がグランプリを獲得した。
【写真説明】約2000人が訪れにぎわったメバル料理グランプリ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。