第39回津軽名人将棋大会(陸奥新報社主催、日本将棋連盟城下町弘前支部主管)が17日、弘前市の陸奥新報社本社6階ホールで開かれ、県内から参加した64人が熱戦を繰り広げた。Aクラス(無差別)は成田豊文四段(24)=青森市=が初優勝し、Bクラス(三段以下)は水谷綾介二段(東奥義塾高3年)=青森市浪岡=、Cクラス(1級以下)は西谷拓磨1級(合浦小5年)=青森市=、Dクラス(小学生または中学生以上の初心者)は工藤小春さん(津軽中1年)=弘前市=がそれぞれ栄冠を手にした。
【写真説明】子どもから大人まで真剣な表情で対局した第39回津軽名人将棋大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。