平川市の柏木農業高校(遠藤剛校長)は、今年度、アシストスーツ製造販売会社「イノフィス」が行う農業などの現場での使用試験に参加している。14日に同社のアシストスーツ2台が同校に届き、生徒たちが早速使い方や性能を体験した。同校はリンゴの運搬といった作業に用いて、使用感や意見などをリポートにまとめ、今後の改良・開発に役立ててもらう。
【写真説明】約20キロのコンテナを持ち上げ、腰補助用マッスルスーツの性能を体感する生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。