五所川原市松野木の観音林遺跡から出土した岩偶が、東京国立博物館の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」(7月3日~9月2日)と、日仏友好160周年を記念してフランスのパリを中心に7月から来年2月まで開かれる日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018」の縄文展(10月17日~12月8日)に出展されることとなった。
【写真説明】東京国立博物館の特別展とジャポニスムの縄文展に出展されることになった岩偶(五所川原市教委提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。