つがる市が市民の健康づくりなどを目的に取り組む制度「元気・健康ポイント」が導入から1年を迎えた。2017年度は多くの利用者が出た一方、ポイント交付の時期が地域で異なるといった課題も確認されたため、18年度は各種健診会場でポイントと共通商品券との交換を受け付けるなど改善を図った。18年度の交換期間は5月末から始まっており、市国民健康保険課は「商品券の使用で地域経済にもプラスになる。ぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。
 元気・健康ポイントは30歳以上の市民を対象とした制度で、各種健診や保健指導でポイントがたまると、市内160以上の店舗で使える共通商品券と交換できるほか、家電など豪華景品が当たる抽選会に参加できる。
 ポイントカードは特定健診への申込者に郵送されるほか、同課や稲垣、車力、つがるの各出張所でも配布している。問い合わせは市国民健康保険課(電話0173―42―2111)へ。
【写真説明】元気・健康ポイントのポイントカードとジェネリック医薬品希望シール

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。