県は13日、14日(日本時間15日)に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表に選ばれた柴崎岳選手(野辺地町出身、青森山田高出、ヘタフェ)を激励する横断幕を県庁正面に掲げ、柴崎選手から寄贈された日本代表ユニホームなどを県庁北棟1階に展示した。
 横断幕は縦1・5メートル、横12メートルで「祝2018FIFAワールドカップ日本代表選出 柴崎岳選手おめでとう‼」と記されている。
 W杯開催期間に合わせ、横断幕の設置は7月17日まで、ユニホームなどの展示は同15日までの予定。
【写真説明】横断幕の近くで柴崎選手から贈られた日本代表ユニホームなどを披露する三村申吾知事(中央)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。