野球を始めたい子どもに道具を―。弘前市の市民球団「弘前アレッズ」は、使わなくなった子ども用のバットやグローブ、ボールなどの寄付を呼び掛けている。16日に同市のはるか夢球場で開かれる第43回全日本クラブ野球選手権1次予選県大会で、午後1時から4時までの間、一塁側スタンドに寄付用の専用ボックスが用意される。
 寄付した人にはアレッズのオリジナルグッズがプレゼントされる。
 問い合わせはアレッズ副部長の小笠原一馬さん(携帯090―2275―7188)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。