仙台管区気象台は11日、東北北部が梅雨入りしたとみられると発表した。昨年より21日早く、平年より3日早い。
 同日の弘前市内は午前中、晴れ間が広がったものの、昼すぎから曇り空となり、夕方には雨が降り出した。青森地方気象台によると同市の日中の最高気温は24・0度と6月下旬並みまで上がり、蒸し暑い一日となった。
 同気象台によると、12日の津軽地方は午前中から雨が降り続き、最高気温も平年を下回り一転して肌寒い一日となる見通し。
 東北南部は10日、平年より2日早く梅雨入りした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。