県と県社会福祉協議会主催の「青森県型地域共生社会」実現に向けた福祉推進シンポジウムが11日、青森市で開かれた。県内市町村や福祉関係者らが参加し、基調講演や各地の事業紹介を通じて、今後の取り組み推進に向けて意識を共有した。
 「青森県型地域共生社会」は県が2025年の超高齢化社会を見据え、地域で生まれ育ち、老後も安心して暮らせる社会として実現を目指す取り組み。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。