世界自然遺産白神山地への理解を深めてもらおうと、弘前市立中央公民館は9日、市民を対象にした講習会「いま白神の未来を考える 世界自然遺産25周年―持続可能な自然保護と地域活性化の共存にむけて―」を開いた。参加した市民約10人が小グループでの演習を通じて環境保全と地域づくりの在り方を考えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。