青森山田学園(岡島成行理事長)の創立100周年を記念した青森大学公開特別講義が9日、同大で開かれた。平昌五輪のスピードスケート女子で金銀二つのメダルを獲得した小平奈緒選手(32)が講演し、県内の若きアスリートたちへ競技に取り組む姿勢を伝え「頑張っている一瞬一瞬を自分らしく生き抜いて」とエールを送った。
 小平選手はコーチの結城匡啓氏と共に講演し、市民や学生ら約1200人が金メダリストの言葉に耳を傾けた。
【写真説明】来場者とタッチを交わす小平選手(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。