第65回春季東北地区高校野球大会は第3日の9日、青森市営、県営の2球場で準々決勝4試合を行い、4強が出そろった。
 本県第2代表の弘前東は初回から打線が爆発。四回には主砲桜庭佑希也の3点本塁打が飛び出すなど一挙8得点を挙げ、山形城北に14―4の五回コールドで大勝した。本県第1代表の光星も投打で福島商を圧倒し、16―1の五回コールドで下した。
 第4日の10日は準決勝2試合が行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。