県内産ハウスメロン「アムさんメロン」の初競りが8日、弘前市の弘果・弘前中央青果で行われた。最上級の秀品1箱(2玉入り)が20万円で競り落とされ、1玉当たり10万円の過去最高値を記録する好調なスタートを切った。
 同日は阿部祐一さん(57)=五所川原市=と松橋尚子さん(49)=中泊町=が、つがる市木造地区のハウスで育てたメロン48箱253キロ分を出荷。春先の日照不足などが生育に影響し、昨年より2日遅い初競りとなった。
 出荷のピークは7月上旬。好天が続いて玉伸びは回復しており、今後は大玉の出荷も見込まれるという。
【写真説明】1玉10万円の過去最高値が付いた「アムさんメロン」の初競り

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。