第65回春季東北地区高校野球大会は第2日の8日、青森市営、県営の2球場で2回戦6試合を行い、8強が出そろった。
 本県第1代表の光星は盛岡中央(岩手第3代表)と初戦。3点を追う五回に打線が爆発し、7―4で逆転勝ちを収めた聖光学院(福島第1代表)と対戦した本県第3代表の弘前工は最終回に同点を許すと、延長十一回に無念の勝ち越し打を浴び、4―6で涙をのんだ。
 第3日の9日は準々決勝4試合が行われ、本県第2代表の弘前東は山形城北(山形第3代表)と、光星は福島商(福島第2代表)とそれぞれ対戦し、4強進出を目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。