弘前市内の半数近い児童がスポーツ少年団やスポーツクラブなどに加入していないことが、市実施の児童のスポーツ活動に関するアンケート結果で明らかになった。加入しない理由として、郊外では「活動したい種目が無い」が目立ち、全般的に「活動面で保護者の負担が大きい」との回答が多かった。保護者や指導者からの市に対する要望でも「保護者の経済的負担の軽減」を求める声が最多となった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。