弘前市の致遠小学校(多田健司校長)の5、6年生は5日、槌子ねぷた愛好会(川口勝則会長)の大型扇ねぷたの鏡絵の制作現場を訪れ、色付けに挑戦した。子どもたちは、ねぷた絵師の工藤盛龍さんから色付けについての基本やプロの技を伝授してもらい、見事鏡絵を完成させた。
 同校では児童がミニ扇ねぷたを制作、運行する「ねぷた集会」を毎年行っている。同日は、このねぷたの鏡絵を担当する6年生と、袖絵・見送りを担当する5年生がプロの指導を受ける機会として、制作現場を訪れた。

 【写真説明】ねぷた絵師の工藤さん(手前右)の指導で慎重に色付けに挑戦する児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。