資源エネルギー庁が6日に発表したレギュラーガソリンの店頭価格(4日時点)は、本県で1リットル当たり151円30銭(前週比1円高)となり、9週連続で上昇。150円台の高値は2014年12月以来3年半ぶりとなる。昨年同期と比べても約20円高く、弘前市民からは「家計に響く」などと生活を苦慮する声が上がっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。