つがる市木造のベンセ湿原で、市の花に指定されているニッコウキスゲが見頃を迎えている。山吹色の鮮やかな花がじゅうたんのように一面に広がり、観光客らを楽しませている。
 ここ数日好天に恵まれたこともあり、市商工観光課によると4日現在、全体の5割程度が咲いている状態。今週末にかけて見頃が続く見込みという。
 現地には、カメラを携えた観光客らが数多く訪れ、そよ風に揺れるニッコウキスゲと青空が織り成す景観を写真に収めるなどして楽しんでいた。
 同湿原など市内の名所を巡る市観光物産協会主催のバスツアーは15日まで運行される。

 【写真説明】色鮮やかに咲き誇るニッコウキスゲ