弘前市の岩木川河川敷運動公園で16日に開催される「第13回古都ひろさき花火の集い」に向け、実行委員会の清藤崇会長(弘前商工会議所青年部相談役)らは4日、市役所に櫻田宏市長を訪ね、4号玉の100発同時打ち上げなど見どころをPRするとともに、夏の市民の楽しみを今後も盛り上げていく意欲を示した。
 「古都ひろさき―」は多くのボランティアスタッフらの協力により開催されている。ダンスが盛んな弘前らしさを生かし、花火前のステージプログラムでは大学生のストリートダンスやよさこいが登場するほか、花火とダンスの共演も人気を集める。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。