黒石市温湯地区は、古くから温泉場として栄えてきた歴史を持つ。この温泉街にある「後藤温泉客舎」は、津軽地方独特の温泉宿泊施設「客舎」として営業する黒石市で唯一の存在。明治時代に造られたという建物は歴史を感じさせ、遠方から訪れるファンも多い。大型の温泉施設が増え、利用が多かった農家もレジャーに求めるニーズが変わり、古き良き湯治文化が廃れていく中、後藤客舎は、その匂いを今に伝えている。

 【写真説明】津軽地方独特の温泉宿泊施設「客舎」の姿を今に伝える後藤温泉客舎

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。