弘前大学の学生が田舎館村でのインターンシップを通じて地域活性化の在り方を探る「共育型地域インターンシップin田舎館」の今年度事業が始まった。今回のテーマは「村民便利帳の作成」で、学生2人が地域住民の「困り事」を解決できるような便利帳の作成に挑む。
 インターンシップは2015年度に文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択された「オール青森で取り組む『地域創生人財』育成・定着事業」の一つで、同村では今年で3年目となる。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。