リンゴの黒星病が多発する可能性があるとして、県病害虫防除所は28日、病害虫発生予察情報の注意報(第1号)を出した。津軽地域で黒星病の発生が広く確認されており、発病した葉と果実の摘み取りと落花から20日後ごろと30日後ごろの薬剤散布を徹底するよう呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。