弘前市の船沢小学校と船沢中学校の合同運動会が27日、同中学校校庭で開かれた。今年は約40年ぶりに復活した地域の唄「シャシャンコ音頭」を小学校低学年の児童が表現種目で披露。運動会で毎年踊り継がれている「船沢小唄」も児童生徒と保護者らが輪になって一緒に踊り、地域の結び付きを強めた。
【写真説明】40年ぶりに復活したシャシャンコ音頭を運動会で披露する船沢小児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。