2019年5月31日、弘前大学(佐藤敬学長)は創立70周年の節目を迎える。記念事業の一つとして現在70周年を記念したロゴマークの総選挙を展開。学生が制作したロゴ案から、一般も交えた形で人気投票し、創立70周年の機運を盛り上げようという初の取り組みで、選ばれたロゴは同大のねぷたや総合文化祭などで活用する。同大は1年後に迫る節目に向け、記念事業の検討や募金活動を加速させていく。
 一次選考は学生、教職員、卒業生、地域住民が対象で、5作品を選出。その上で学長、役員や創立70周年記念事業後援会の投票で決定する。一次選考は同大ホームページからの投票か、弘前大学生協でのシール投票で実施。投票は6月1日までで、同月中に結果を発表予定。
 総務広報課の佐藤猛課長は「創立70周年記念事業では次の10年間に向けた事業を展開する方針で、総選挙により70周年への機運を高めていきたい」とPRした。問い合わせは、弘前大学総務部総務広報課総務・秘書グループ(電話0172―39―3007)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。