春季県高校野球選手権大会は第4日の26日、八戸長根球場で準決勝2試合を行い、弘前東と光星が東北大会出場を決めた。
 弘前東は一発攻勢で青森に大勝。光星と対戦した弘前工は中盤まで1点を争う攻防を繰り広げるも、終盤に捕まり、決勝進出はならなかった。
 最終日の27日は決勝のほか、東北大会最後の出場枠を懸けた3位決定戦が行われる。

 【写真説明】準決勝・青森―弘前東戦 初回、右翼に3点本塁打を放つ弘前東の主砲桜庭佑希也=八戸長根球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。