日本体育大学は12月1日、弘前市豊田2丁目の県武道館で、学生が日ごろのスポーツ競技や伝統芸能の練習成果を発表する「第56回体育研究発表実演会青森大会」を開く。開催をおよそ半年後に控え、日体大県同窓会の春藤英徳会長、澤田晴美副会長らが弘前市役所に櫻田宏市長を訪ね、見どころを紹介した。
 県同窓会などで組織する実行委員会は、観覧者約2500人を無料で招待する予定。応募方法は10月1日号の「広報ひろさき」で案内するという。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。