NEXCO東日本青森管理事務所(後藤優所長)は22日、地域連携で管内の景観を整備しようと、柏木農業高校、弘前大学と合同で取り組む花苗の植栽事業「花プロジェクト」を東北自動車道津軽サービスエリア(SA)下り線で行った。関係者約40人が参加し、色とりどりの花を植えて環境美化に貢献した。
 同管理事務所と同校は2011年に津軽SAで植栽を開始した。NEXCO東日本が15年、「花プロ―」を立ち上げたことを受け、同管理事務所は16年に弘前大学を交えた3者で同プロジェクトを始め、年3回、植栽や花の配置などのデザイン、植え替えを行ってきた。

 【写真説明】花壇に花苗を植栽する生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。