弘前大学(佐藤敬学長)の2017年度学部卒業生の就職率は前年度を0・6ポイント上回る99・1%で、5年連続過去最高を更新した。一方、県内出身者の県内就職割合は伸びているものの、全体の県内就職率は27・9%にとどまり、過去最低だった前年度は上回るも低迷状態が続く。待遇面で魅力のある首都圏への就職志向は継続する傾向が見られた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。