弘前ラージボール卓球協会(石川孝会長)主催の第10回りんご花まつり弘前ラージボールオープン大会(陸奥新報社など後援)が19、20の2日間、弘前市の県武道館で開かれた。今回は大会10周年を記念して韓国の選手団を招待。両国の選手が白熱した戦いを繰り広げ、技を競い合いながら交流を深めた。
 大会には、北海道から兵庫までの全国各地から約430人が参加。シニアを中心に、88歳から22歳までの幅広い年代の参加者が戦いに臨んだ。

 【写真説明】試合に臨む韓国の金榮一団長(左)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。