東北電力五所川原営業所(赤川博之所長)は、五所川原市の立佞武多の館と駐車場への道順を示す観光案内板を、市内20カ所の電柱に設置した。18日は赤川所長らが五所川原市役所を訪問して平山誠敏市長に報告した。
 看板は、電柱の側面に張り付けるタイプと、電柱上部に付き出すタイプの2種類で、道順を示す内容に加え、同社のロゴのほか、2014年に制作された「国性爺合戦(こくせんやかっせん) 和籐内(わとうない)」から、今年の新作「稽古照今(けいこしょうこん)・神武天皇、金(きん)の鵄(とび)を得る」までの大型立佞武多5台の下絵が描かれている。

 【写真説明】立佞武多の館に関する案内看板の設置を報告した赤川所長(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。