弘前市新寺町の弘前大谷幼稚園(藤野和子園長)で19日、釈迦(しゃか)の誕生を祝う恒例の花まつりが行われた。園児11人が稚児行列を行い、法要を通じて命の尊さを学んだ。
 この日はあいにくの雨となったため、同園周辺を歩く予定だった稚児行列を園舎内で行った。行列には年長、年中児が参加。男児が烏帽子(えぼし)を、女児が冠を頭にかぶり、鮮やかな着物を身にまとって保護者らと園内を練り歩いた。

 【写真説明】鮮やかな衣装を身にまとい法要に参加した園児たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。