18日の県内は低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になったことから、全域で大雨や強風に見舞われた。五所川原市の一部地域では避難勧告が発令されたほか、交通の乱れも生じた。青森地方気象台は五所川原市などに洪水警報、弘前市などに大雨警報を出し、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。
 19日午後6時までの予想雨量は多い所で津軽が1時間に30ミリ、24時間では70ミリ。同日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は津軽の海上で20メートル(30メートル)、陸上で18メートル(30メートル)の見込み。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。