弘前市の北星交通(下山清司代表取締役社長)は、電子マネー決済が可能な新型タクシーを導入した。16日は同市茂森新町の同社で出発式が行われ、関係機関の参加者が新型タクシーの機能を体験した。
 同社は以前から、ドコモのスマートフォンと連動したクレジット決済サービスを導入していたが、支払いの効率化、国内外からの観光客らのニーズに対応するため、電子マネー決済の導入を決めた。電子マネー決済が可能なタクシーの導入は市内初という。

 【写真説明】電子マネー決済システムを導入した北星交通の新型タクシー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。