鶴田町の旧水元小学校(2004年閉校)の校舎を利用した町歴史文化伝承館内にある、展示ギャラリーの活用が今年度、本格的に始まった。今月は鶴田写真クラブ展が開かれており、開館期間中はほぼ常時、月ごとに各種展示会などを開き施設の活用を図っていく。関係者は、町民が集い成長できる“地域の学校”としての役割に期待している。
 同校舎は2005年に町の文化財に指定され、08年に町歴史文化伝承館として再スタートを切った。ギャラリーは以前職員室だった場所で、木造の梁(はり)などがまだあり、リニューアルされながらも部分的に当時の面影を残している。

 【写真説明】人々が集い、成長する“地域の学校”としての役割が期待される展示ギャラリー。現在は写真展が開かれている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。