弘前市の大和沢小学校(山内時治校長)の6年生児童8人が開校記念日の15日、同校近くの鷲の巣山に登り、同市出身のジャーナリスト陸羯南の名山詩碑を背に、岩木山に向かって将来の夢や目標を声高らかに決意表明した。
 この行事は、高い志を持つことを大切にし、自分を見失わず、詩碑にある「天下の賢」(世の中のために尽くす偉人)を目指してもらおうと、同校創立50周年の2007年度から毎年行っている。

 【写真説明】拳を突き上げ、高らかに将来の夢を誓う児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。