弘前市の市りんご公園で12日、シードルを中心とする県産のリンゴ酒を楽しむイベント「シードルナイト」が開かれた。県内外から集った来場者が、音楽演奏やリンゴの木のライトアップを楽しみながらシードルなどを飲み比べた。
 イベントは市などよる実行委員会が主催。オープニングで櫻田宏市長が「たくさん飲んで、弘前のリンゴ文化を体感してほしい」とあいさつ。続いて民俗音楽のグループがステージに登場し、生演奏を披露した。

 【写真説明】シードルを飲み比べる来場者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。