ME(筋痛性脳脊髄炎)とCFS(慢性疲労症候群)の世界啓発デーの12日、ME・CFS世界啓発デー弘前実行委員会(外崎嘉子代表)は弘前市の弘前公園で、天守を啓発カラーのブルーでライトアップした。この啓発デーに合わせて弘前城をライトアップするのは初めて。
 弘前公園では午後7時に点灯。辺りは幻想的な雰囲気に包まれ、同実行委の関係者ら約10人が見守った。
【写真説明】啓発カラーのブルーの光に照らされる弘前城天守

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。