美空ひばりの代表曲「リンゴ追分」で日本一を競う第26回全日本リンゴ追分コンクールが12日、弘前市民会館で開かれ、全国各地から集まった参加者たちが自慢の歌声を会場全体に響かせた。リンゴ追分部門では八戸市の白幡美穂子さん(46)、アラカルト部門では、東京都府中市の新田美咲子さん(53)がそれぞれグランプリに輝いた。
 リンゴ追分部門で、初出場にしてグランプリを受賞した白幡さんは「まさか優勝できるとは思っていなかった。本当にうれしくて、リンゴ追分と結婚したい気分」と涙ながらに語った。表彰式の後は、白幡さんがもう一度リンゴ追分を披露。喜びに声を詰まらせながらも、グランプリの美声を会場に響かせてコンクールを締めくくった。
【写真説明】リンゴ追分部門でグランプリを獲得した白幡さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。