県は11日、女性活躍推進法に基づき、知事部局などで働く女性職員の状況を公表した。今年4月1日現在の管理職(副参事以上)の女性割合は4・4%で、前年比0・3ポイント上昇した。
 県は女性職員の採用・登用や、男女の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進に向け「女性活躍推進のための県特定事業主行動計画」(2016~20年度)を策定。女性管理職の割合は5%を目標に掲げている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。