弘前市の櫻田宏市長は9日、中核病院の在り方を諮問していた市地域包括ケア検討委員会から、諮問を取り下げたことを明らかにした。県提案を踏まえて中核病院整備を進めるとする市の方向性が決定したことによるもので、委員会自体も廃止の方向で検討する考えを示した。
 同日の定例記者会見で櫻田市長は検討委員会の現状について「市の考えを示さない白紙状態で、中核病院の機能や運営主体を検討してもらうもの」と指摘。市立病院と国立病院機構弘前病院を統合し、機構が運営主体となる県提案を市の基本方針としたことから「白紙での諮問を取り下げたい」と述べた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。